ヤマナカ

フランテ

旬の時期:8月~9月

味わいポイント

シャリシャリとした食感と、みずみずしく爽やかな甘さが人気

梨の食べごろや特長をご紹介

秋を代表する果実の1つで、大きく皮が黄緑色の青梨(二十世紀梨など)と皮が褐色の赤梨(幸水など)の2種類に分けることができ、各品種によって様々な味わいを楽しむことができます。

品種の食べごろや特長をご紹介

幸水梨

赤梨の代表的な品種で、果汁がたっぷりあり甘味が強いため、数ある梨の中でも人気の高い品種です。肉質は緻密で熟成が進むと芳香がたちます。旬は8月で、梨としては早生種に分類されます

二十世紀梨

青梨の代表的な品種で、果肉は柔らかく酸味もあり上品な甘みが特長です。緑色が強いときはシャキシャキとした食感があり、熟成が進むと黄色味を帯び柔らかくなり甘味が増します。袋に入れて栽培するため表皮はきれいな緑色をしています。また袋に入れず栽培されたものはサン世紀として販売されます。

豊水梨

赤梨に分類され、酸味と甘みのバランスの良いのが特長。表皮は全体に黄金色で幸水より少しザラザラしています。出回る時期は幸水と入れ替わる形で出回ります。

新高梨

赤梨に分類され、幸水に比べ大型で晩成型の代表的な品種です。酸味が少ない甘さと独特な芳香があり静が大きいことから贈答としても人気の高い品種です。出回り時期は9月から10月ころになります。

いち押し商品